和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > 友の会 > 終了した行事 > 平成26年度 友の会ミュージアムコンサート −アイルランド音楽−

平成26年度 友の会ミュージアムコンサート −アイルランド音楽−

 

【終了しました。】

平成26年度 友の会ミュージアムコンサート  −アイルランド音楽−

 

日時:2015(平成27)年1月24日(土) 開演15:00(開場14:30)

場所:和歌山県立近代美術館2階ホール

入場無料

主催:和歌山県立近代美術館友の会 協賛:きのくに信用金庫



今年度は、守安功さん、雅子さんをお迎えしてアイルランド音楽を楽しみます。

お二人は、1990年代よりアイルランドに毎年、数ヶ月滞在し、変わりゆくこの国を見続け、さまざまな地方の演奏家たちから教えを受けてきました。その活動はドキュメンタリー番組にもまとめられ、2002年には、アイルランド国営放送でも放映されました。最近は、アイルランドとスコットランドの、17世紀から19世紀にかけての音楽の発掘や、伝統的な奏法をベースにしながら新しい楽曲の紹介も積極的に行っています。

友の会会員以外の方もご参加いただけます。ぜひお越しください。


 

【演奏者プロフィール】

守安 功(もりやすいさお)

アイリッシュ・フルート、ホイッスル(たて笛)

桐朋学園大学音楽学部古楽器科卒、同研究科修了。在学中、第10回全日本リコーダーコンクール独奏部門において、最優秀賞及び朝日放送賞を受賞。また、江戸里神楽四代目家元若山胤雄に日本の笛と太鼓を師事し、国指定重要無形文化財江戸里神楽若山社中囃子方として活躍する。1987年渡欧し、スウェーデン国立ヨーテボリ音楽大学、旧東独ライプツィヒ・ゲヴァントハウス等、各地で日本の伝統音楽及び現代音楽についてのレクチャーや、リコーダー・リサイタルを行う。国立音楽大学、桐朋学園芸術短期大学講師を経て、現在は、アイルランド音楽の演奏と研究に専念している。

守安 雅子(もりやすまさこ)

アイリッシュ・ハープ、コンサーティーナ(六角形の小型アコーディオン)バゥロン(アイルランドの太鼓)

アイルランドで出会った音楽家たちの演奏に魅了され、アイルランドの伝統音楽の演奏を始める。ノエル・ヒル、メアリー・マクナマラ、ミホール・オラハリー始め、現地の第一線の演奏家と、そして、クレア地方の農夫の演奏家たちの双方から、コンサーティーナの伝統的な奏法を学ぶ。また、マイケル・ルーニー、モーラ・ニ・カハスィ、バーバラ・ドイルにアイリッシュ・ハープを師事する。夫の功とともに、アイルランドにて2枚のアルバムを制作し、現地の新聞、テレビ、ラジオ、雑誌などで取り上げられる。

ダウンロード