和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > 和歌山県立近代美術館のコレクション

和歌山県立近代美術館のコレクション

和歌山県は川口軌外(かわぐち・きがい)や野長瀬晩花(のながせ・ばんか)など、わが国の近代美術史に足跡を残している数多くの優れた美術家を生んでいますが、当館では1970年の開館以来、和歌山県ゆかりの作家の展覧会を開催しながら、郷土作家コレクションを充実させてきました。
また和歌山ゆかりの作家には、浜口陽三(はまぐち・ようぞう)や田中恭吉(たなか・きょうきち)、恩地孝四郎(おんち・こうしろう)など、日本の近代版画史に足跡を残している作家が多く、1980年頃から近代・現代版画の収集・紹介に力を入れ、 現在では国内でも屈指のコレクションを誇っています。海外の版画についてもピカソ(Pablo Picasso)やルドン(Odilon Redon)などの作品を所蔵しています。

さらに、1983年に始まった企画展「関西の美術家シリーズ」をきっかけに、戦後の関西に興った前衛美術運動、「走泥社」(1948 陶芸)、「パンリアル美術協会」(1948 日本画)、「デモクラート美術協会」(1951 洋画・版画)、「具体美術協会」(1954 洋画)などで活躍した作家の作品収蔵をスタートさせ、現代美術コレクションの形成に努めてきました。1989年からは、わが国だけでなく海外の作家も収集の対象としています。マーク・ロスコ(Mark Rothko)やフランク・ステラ(Frank Stella)、ジョージ・シーガル(George Segal)をはじめとするコレクションを有しています。

明治時代から現代にいたる日本画、油彩画、彫刻、版画など、一万点を越すコレクションは、展示替えしながら、企画展やコレクション展で紹介しています。

所蔵作品検索・閲覧サイトは文化庁による「文化遺産オンライン」と連動しています。正常に動作しない場合は「文化遺産オンライン」をご利用ください。

 

文化遺産オンラインへ