和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

教育・学校関係の方へ一覧

和歌山美術館教育研究会ニュースレター VOL. 2

「和歌山美術館教育研究会」の活動を記録し、紹介するニュースレターの第2号を発行します。

なつやすみの美術館3「美術の時間」展ワークシート

「なつやすみの美術館3 美術の時間」展にあわせて、小学校、中学校、高等学校のそれぞれの年代に向けて、ワークシートを作成しました。展示されている作品を楽しみ、より身近に感じるための手がかりとしてお使いいただければ幸いです。

職場体験(総務課のしごと)

職場体験の初日に、担当者が生徒たちに決まって尋ねることがあります。それは「美術館に置いてある作品は、誰のもの?」ということです。学校で使っている机に落書きをしたら叱られますよね。勝手に持って帰るのもいけません。なぜでしょう。「学校のものだから」という答えがまずは返ってきます。では、学校のものって誰のもの?校長先生のもの?校長先生は持って帰っても良いのでしょうか。そんなのおかしいですよね。 当館に職場体験に来る生徒たちの多くは、和歌山市立...

平成25年度 学校と先生のための美術館利用案内 

学校で美術館を利用いただくための手引きを作りました。学校にもお配りしていますが、こちらからもご覧いただけます。

和歌山美術館教育研究会ニュースレターVOL. 1

「和歌山美術館教育研究会」の活動を記録し、紹介するニュースレター第1号を発行します。

当館では博物館学芸員資格取得のための実習を受け入れています。 例年、以下のような日程で実習を行っています。 5月末:大学からの実習依頼受付け締切 6月下旬:受入れ承諾、事前課題などの通知 7月下旬:実習前レポートの提出 8月上/下旬:実習実施 9月中旬:実習後レポートの提出 受入れに当たっては、いくつかの条件を設けています。 詳しくは教育普及課へお問い合せください。 e-mail: edu_moma(at)hop.ocn.ne.jp ※...

和歌山県では、高校生以下の児童、生徒のみなさんの博物館施設への入場料金を無料としています。   授業、遠足、クラブなど、学校教育の一環としての美術館の利用をお待ちしています。 団体で来館される場合、特別にレクチャーなどを行うこともできます。 詳しくは教育普及課へお問い合せください。   e-mail: edu_moma(at)hop.ocn.ne.jp ※ (at) は@に置き換えて下さい tel: 073-436...

和歌山市美育協会の夏季研修会として、鑑賞指導研修会を開催するほか、学校教員のための研修会なども実施しています。 また「和歌山美術館教育研究会」では、2ヶ月に1回程度の会合をで開くほか、メーリングリストによる連絡などを行っています。 保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学まで、様々な年代で美術館教育に取り組む方法を考える研究会です。 詳しくは教育普及課までお問い合せください。 e-mail: edu_moma(at)hop.ocn...

美術館での約束 美術館では、作品を守るため、みんなが心地よく楽しむために、お互いに守ってほしい基本的なマナーがあります。 公共の場所でのマナーを身につけることにも、学習の一環として取り組んでください。 さわらない作品にさわると傷がつくかもしれませんし、手の汚れや油でしみがついたり、あとでカビがはえたりします。 おしゃべりは小さな声で気に入った作品について語り合ってもらうことは大歓迎です。でも、大声でしゃべると、静かな雰囲気を楽しんでいる...