和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > イベント > 終了したイベント > 2013年度のイベント > 『人間と宇宙のドラマ』展講演会のお知らせ

『人間と宇宙のドラマ』展講演会のお知らせ

 

 

 

コレクション展 2013/14-冬 特集展示

人間と宇宙のドラマ:吹田文明・堀井英男・長岡國人
講演会開催のお知らせ
「人間と宇宙のドラマ:吹田文明・堀井英男・長岡國人」展の開催にあわせ、出品作家による講演会を開催します。
○講演会1:吹田文明氏(出品作家)
1月13日[月・祝]
14時から、2階ホールにて(13時30分開場、先着120名、聴講無料)
○講演会2:長岡國人氏(出品作家)
1月25日[土]
14時から、2階ホールにて(13時30分開場、先着120名、聴講無料)
――――――――――――――――――――――――――――――
吹田文明氏略歴
1926(大正15)年、徳島県に生まれる。1941(昭和16)年、徳島師範学校予科に入学。従軍を経て1947(昭和22)年に卒業し小学校に勤務。1949(昭和24)年、東京美術学校(現・東京藝術大学)に長期研究生として派遣され寺内萬治郎教室で学ぶ。翌年より東京で小学校教員となる。1955(昭和30)年から版画に取り組み、翌年の読売アンデパンダン展から発表を始める。1958(昭和33)年に村松画廊で最初の個展を開催、また第1回グレンヘン国際色彩版画トリエンナーレ(スイス)で受賞し、以後数多くの内外の展覧会で高い評価を得る。1969(昭和44)年からは多摩美術大学で後進の指導に当たり、現在は名誉教授。1987(昭和62)年、徳島県文化賞受賞。1989(昭和64)年、紫綬褒章受章。1998(平成10)年、勲四等旭日小授章受章。
長岡國人氏略歴
1940(昭和15)年、長野県に生まれる。1963(昭和38)年、多摩美術大学デザイン科卒業。東京でグラフィック・デザイナーとして働いた後、1966(昭和41)年、西ベルリンに移住。翌年からベルリン国立アカデミーに学び、グラフィック専攻卒業。更にベルリン国立芸術大学で絵画と銅版画を学び、1976(昭和51)年、ベルグマン教授のもとでマイスター取得。翌年のウィーン国際版画ビエンナーレでのグランプリ受賞を皮切りに国際的な版画展での入賞、受賞を重ね評価を得る。1986(昭和61)年からは古和紙を用いた作品制作に転じ、近年はアルメニアで教会の墓碑を拓本に取る仕事にも取り組む。1991(平成3)年から京都精華大学教授として後進の育成にも当り、現在名誉教授。2013(平成25)年、紺綬褒「人間と宇宙のドラマ:吹田文明・堀井英男・長岡國人」展の開催にあわせ、出品作家による講演会を開催します。章

人間と宇宙のドラマ:吹田文明・堀井英男・長岡國人」展の開催にあわせ、出品作家による講演会を開催します。

ぜひお運びください。

 

1月13日[月・祝] 吹田文明氏講演会

 

1月25日[土] 長岡國人氏講演会

 

いずれも14時から、2階ホールにて(13時30分開場、先着120名、聴講無料)

――――――――――――――――――――――――――――――

○吹田文明氏略歴

1926(大正15)年、徳島県に生まれる。1941(昭和16)年、徳島師範学校予科に入学。従軍を経て1947(昭和22)年に卒業し小学校に勤務。1949(昭和24)年、東京美術学校(現・東京藝術大学)に長期研究生として派遣され寺内萬治郎教室で学ぶ。翌年より東京で小学校教員となる。1955(昭和30)年から版画に取り組み、翌年の読売アンデパンダン展から発表を始める。1958(昭和33)年に村松画廊で最初の個展を開催、また第1回グレンヘン国際色彩版画トリエンナーレ(スイス)で受賞し、以後数多くの内外の展覧会で高い評価を得る。1969(昭和44)年からは多摩美術大学で後進の指導に当たり、現在は名誉教授。1987(昭和62)年、徳島県文化賞受賞。1989(昭和64)年、紫綬褒章受章。1998(平成10)年、勲四等旭日小授章受章。

 

○長岡國人氏略歴

1940(昭和15)年、長野県に生まれる。1963(昭和38)年、多摩美術大学デザイン科卒業。東京でグラフィック・デザイナーとして働いた後、1966(昭和41)年、西ベルリンに移住。翌年からベルリン国立アカデミーに学び、グラフィック専攻卒業。更にベルリン国立芸術大学で絵画と銅版画を学び、1976(昭和51)年、ベルグマン教授のもとでマイスター取得。翌年のウィーン国際版画ビエンナーレでのグランプリ受賞を皮切りに国際的な版画展での入賞、受賞を重ね評価を得る。1986(昭和61)年からは古和紙を用いた作品制作に転じ、近年はアルメニアで教会の墓碑を拓本に取る仕事にも取り組む。1991(平成3)年から京都精華大学教授として後進の育成にも当り、現在名誉教授。2013(平成25)年、紺綬褒章受章。

 

『人間と宇宙のドラマ』展講演会のお知らせ 画像1

『人間と宇宙のドラマ』展講演会のお知らせ 画像2

 

Tweet

Clip to Evernote