和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > イベント > 終了したイベント > 2013年度のイベント > 物質(モノ)と美術ワークショップ・参加者追加募集(終了)

物質(モノ)と美術ワークショップ・参加者追加募集(終了)

image_long.jpg


定員に達したため追加の募集は締め切りました。

物質(モノ)と美術ワークショップ「古着でつかまえる森の造形」
参加者追加募集(終了)

2014年1月12日に開催するワークショップの参加者を若干名、締切を延長して募集いたします。受付は先着順とし、メールのみの受付とします。また定員に達ししだい、受付を終了いたします。ご関心のある方はどうぞお申し込みください。
(先日まで掲載していたワークショップ参加申込の受付メールアドレスに誤記がありました。ここに訂正してお詫びいたします。)

申込方法:
①名前(ふりがな)、②郵便番号・住所、③電話番号、[あれば、④ファックス番号]⑤メールアドレス、⑥年齢、を明記して、メールで申し込みください。
受付締切:2014年1月7日(火)12時を予定
*ただし定員に達ししだい、受付は終了します。そのためメールを送られてもご参加いただけない場合があります。
*本案内は予告なしに削除される場合があります。

申込先・問い合わせ先:
和歌山県立近代美術館 ワークショップ係
メールアドレス ws.momaw@gmail.com
電話 073-436-8690

------------------------------------

物質(モノ)と美術ワークショップ「古着でつかまえる森の造形」

2013年12月21日(土)〜2014年2月11日(火・祝)に開催する企画展「物質と美術」展にあわせワークショップを開催します。今回は、「古着でつかまえる森の造形」をテーマに、古着を加工したオリジナルな造形物を作ることで、素材と向き合いながら、それが新たな造形物として立ち上がる瞬間を体験していただき、作品制作の本質について考える機会を提供します。

講師:中川佳宣氏(美術家、「物質と美術」展出品作家)

日時:2014年1月12日(日)午前9時30分から午後1時頃まで
対象:小学生高学年以上から大人の方

募集:20名
会場:2階ホール
参加費:無料
用意するもの:古着(Tシャツ3枚〜5枚程度の分量)、裁ちばさみ(あれば)
*参加者が確定後、参加者にはより詳しい案内を送付します。

主催:和歌山県立近代美術館
共催:和歌山県立近代美術館友の会
協力:NPO和歌山芸術文化支援協会(wacss)

講師略歴:
中川佳宣(なかがわ よしのぶ)
1964年、大阪府に生まれる。1987年、大阪芸術大学芸術学部卒業。現在は滋賀県に在住。大学を卒業して以来、大阪や京都の画廊で発表を重ね、近年は東京や海外でも個展を継続して開催。グループ展への出品も数多い。一貫して植物と人間との関わりや、農耕や栽培といった人間の営みをテーマにしながら、植物の構造をモチーフに取り入れた作品を制作している。2009年には、アーティスト・イン・レジデンス「森のちから3」に参加し、田辺市中辺路町で滞在制作を行った。また本年11月から12月にかけても「森のちから6」に参加し、串本町で滞在制作を行っている。

ダウンロード