和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > イベント > 国吉康雄検証ドキュメンタリー「国吉を誤解している日本・忘れたアメリカ」上映会

国吉康雄検証ドキュメンタリー「国吉を誤解している日本・忘れたアメリカ」上映会

2017年12月3日(日) 14:00〜(開場13:30) 無料

(2階ホールにて、先着順・定員120名)


監督:才士真司(岡山大学准教授/本展共同企画/映像作家)

※才士氏によるトークも行います。

国吉康雄の教えを受けたブルース・ドーフマン氏、国吉研究の第一人者であるトム・ウルフ氏などのインタビューを和歌山初上映。

2015年に開催されたアメリカのスミソニアン・アメリカン・アート・ミュージアムで開催された国吉康雄回顧展に合わせてニューヨーク、ワシントンで、展覧会関係者に対する取材が行われました。

本作は、国吉康雄の教えを受けたブルース・ドーフマン氏のロングインタビューを中心に、国吉研究の第一人者であるトム・ウルフ氏やスミソニアン・アメリカン・アート・ミュージアムの館長。日系アメリカ人アーティスト研究で知られる山村みどり氏、国吉の母校、アート・スチューデンツ・リーグで行われた延べ8時間以上のインタビュー素材を編集したものです。

ドーフマン氏は、当初取材を固辞していました。その理由は、「日本の国吉研究者は間違った国吉像を伝える」というものでしたが、その理由も含めて、語っていただくということを条件に、カメラを前にした取材以外にも、ドーフマン氏は4時間以上の取材に応じ、これまでの国吉像とは違う一面が明らかになりました。本作のタイトル「国吉を誤解している日本・忘れたアメリカ」は、ドーフマン氏の言葉からとったものです。

11月19日(日)の上映は終了しました。

 

国吉康雄検証ドキュメンタリー「国吉を誤解している日本・忘れたアメリカ」上映会 画像1
国吉康雄 《ミスターエース》 1952(昭和27)年 油彩、キャンバス 福武コレクション

国吉康雄検証ドキュメンタリー「国吉を誤解している日本・忘れたアメリカ」上映会 画像2
国吉康雄 《バンダナをつけた女》 1936(昭和11)年 油彩、キャンバス 福武コレクション