和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > イベント > ワークショップ > 「和歌山と関西の美術家たち リアルのリアルのリアルの」展 ワークショップ参加者募集

「和歌山と関西の美術家たち リアルのリアルのリアルの」展 ワークショップ参加者募集

和歌山と関西の美術家たち リアルのリアルのリアルの」
ワークショップ参加者募集

募集は終了しました。ご応募ありがとうございました。
ご応募頂いた方には、4月16日に結果のご連絡をメールまたはハガキで差し上げております。
また4月16日より、5月5日「自然の造形を楽しもう!」ワークショップの若干名追加募集を行います。 
詳細は、こちらをご覧ください。 

 

開催中の展覧会に関連して、ゴールデンウィーク期間中に出品作家によるワークショップを3回開催いたします。現代美術の最前線で活躍する作家の創作活動を身近に感じることができる貴重な機会となります。内容、参加申込方法は以下のとおりです。ご確認のうえ、お申込ください。

 


伊藤彩《穴(ジオラマ)》2015

01「妄想暴走してまんねん」 講師:伊藤彩

不思議な3次元の「ジオラマ」を作り、それを写真に撮って2次元にした上で、絵画に描き起こすという伊藤さん独特の制作方法を、参加者にも追体験してもらいます。

日時:5月3日(日・祝)
午後1時から午後4時頃(予定)
対象:中学生以上
募集人数:10人
場所:和歌山県立近代美術館
参加費:100円(保険料)

 

講師紹介:伊藤彩(いとう あや)

油彩画制作を中心とし、空想や妄想を元にした奔放な画面を、三次元のモデルを用いた構築的な手法で作りあげる。今回の展覧会では過去最大サイズの壁面作品を制作。

 



君平《プランクトン》201502「自然の造形を楽しもう!」 講師:君平

最初に和歌山県立自然博物館の学芸員から、植物の構造について実物を観察しながらお話をしていただきます。その観察を元に、君平さんの指導により楽しい創作活動を行います。(協力:和歌山県立自然博物館)

日時:5月5日(火・祝)
午後1時から午後4時頃(予定)
対象: 小学生
募集人数: 10人
場所: 和歌山県立近代美術館
参加費: 100円(保険料)

 

講師紹介:君平(くんぺい) 

鉄による立体造形を主とし、近年は微細な動植物を元にした大型の彫刻作品を手がける。鉄の力強さと作品の大きさが持つインパクトに加え、ポップな色彩が不思議な展示空間を作り出す。現在、成安造形大学准教授。



岡田一郎《MOVING AIR'08》2008 03「空間をとらえなおす」 講師:岡田一郎

なにかを作ることはしません。講師の誘導により、音や気温の変化、空気の動きなどに意識が向くよう神経を研ぎ澄ませることで、それぞれの空間認識を考えなおしてみるという、実験的なワークショップです。

日時: 5月6日(水・休)
午後1時から午後4時頃(予定)
対象: 大人、関心があれば10代でも可
募集人数: 10人
場所: 和歌山県立近代美術館
参加費: 100円(保険料)

 

講師紹介:岡田一郎(おかだ いちろう)
人の認識や感覚をゆさぶるコンセプチュアルな立体作品を出発点に、近年は写真を用いた表現にも取り組んでいる。見たことがある景色の断片にほんの少し手を加えることで、現実をひっくりかえす作品は、見る者に驚きを与える。


申込方法:
1.名前(ふりがな)、2.郵便番号・住所、3.電話番号、[あれば、4.ファックス番号、5.メールアドレス]、6.年齢、7.参加希望ワークショップ番号 を明記して、往復ハガキあるいはメールで応募。
締切:2015年4月10日(金)午前10時必着(ハガキ、メールとも)
*応募者多数の場合は抽選の上、結果をお知らせします。
*参加決定の通知は、4月17日(金)頃の予定です。
*記載したワークショップ内容は予定ですので、変更の可能性もあります。詳細は参加が決定した方々に改めてお知らせいたします。

申込先・問い合わせ先: 和歌山県立近代美術館 「リアルの」ワークショップ係
〒640-8137 和歌山市吹上1-4-14
メールアドレス ws.momaw@gmail.com
電話 073-436-8690/ファックス 073-436-1337