和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > これからの展覧会 > 動き出す!絵画 ペール北山の夢--モネ、ゴッホ、ピカソらと大正の若き洋画家たち

印刷用ページを開く

動き出す!絵画 ペール北山の夢--モネ、ゴッホ、ピカソらと大正の若き洋画家たち

会期: 2016年11月19日(土)~2017(平成29)年1月15日(日)

logo740_kitayama.jpg

 

大正初期、大きな転換期を迎えた日本の美術を、影ながら動かした知られざる人物がいます。和歌山市に生まれた北山清太郎(きたやませいたろう)(1888–1945)がその人です。
北山は、美術雑誌『現代の洋画』や『現代の美術』等を出版して西洋の美術を盛んに紹介するとともに、岸田劉生や木村荘八ら、若い洋画家たちの活動を、展覧会の開催やカタログの出版などを通して献身的に支えました。その篤い支援に感謝した画家たちは、北山をパリでファン・ゴッホら多くの若い画家たちを支援した、画材商のペール・タンギー(タンギー親爺)になぞらえて、「ペール北山」と呼びました。
今回の展覧会では、この北山の活動を手がかりに、大正期の日本を熱狂させた西洋美術と、それに影響を受けながら展開した近代日本の美術を同時に紹介することを試みます。当時の画家たちが、次々と流入する情報から西洋美術の何を学び取り、影響を受けながらもそれをどのように乗りこえ、自らの表現を作り上げるにいたったのか。大正という熱い時代の美術を、改めて検証します。
なお北山は、その後美術の世界からアニメーションの分野へ転身し、ちょうど100年前の1917(大正6)年に、初めてアニメーション作品を発表した日本人3人のひとりとなります。北山は、まさに「絵を動かす」人となったのです。

 


展覧会構成

プロローグ 動き出す「洋画」 ——北山清太郎と『みづゑ』の時代

大下藤次郎《秋の海(小豆島)》

明治30年代、日本各地の若者たちの間で起こった水彩画ブームと、その拠り所となった水彩画の専門雑誌『みづゑ』。手軽な「洋画」としての水彩画をきっかけに、 アカデミックな教育を受けずに美術を志す若者たちが数多く生まれてきます。北山清太郎もそのひとりでした。新たな時代を動かす若者たちを生んだ時代背景と、後に盛んになる美術雑誌文化のはじまりを、展覧会の最初にたどります。

左:大下藤次郎《秋の海(小豆島)》1910年頃 田辺市立美術館蔵


1 動き出す夢 ——ペール北山と欧州洋画熱

1912(明治45)年4月、北山清太郎は美術雑誌『現代の洋画』を創刊、西洋美術の積極的な紹介に動き出します。カラー図版を多用した誌面は、新しい美術への関心を持った若者たちを惹き付けました。本章では、北山が誌面で紹介し、当時の画家たちが雑誌や書籍を通して感化を受けた西洋の美術を、実際の作品によって紹介します。

VanGogh.jpg

『現代の洋画』第2号.jpg

左:フィンセント・ファン・ゴッホ《雪原で薪を集める人びと》1884年 吉野石膏株式会社蔵(山形美術館に寄託)
右:『現代の洋画』第2号 1912年5月10日発行 和歌山県立近代美術館蔵


1-31.jpg

左:ポール・セザンヌ《縞模様の服を着たセザンヌ夫人》1883–85年 横浜美術館蔵
右:ピエール=オーギュスト・ルノワール《泉による女》1914年 大原美術館蔵


1-25.jpg

1-45.jpg

左:クロード・モネ《サルーテ運河》1908年 ポーラ美術館蔵

右:ピエール・ボナール《葡萄を持つ女》1911–12年 宮崎県立美術館蔵


2 動き出す時代 ―新帰朝者たちの活躍と大正の萌芽

2-09.jpg

2-27.jpg

明治末頃、西欧に留学した美術家たちは、新しく起こった美術の動向を直接体感しました。そして帰国した彼らは、自らが学んだ美術を『スバル』や『白樺』等の文芸雑誌の中で紹介するとともに、それを体現した自作を展覧会で発表し始めます。その旧来の枠に収まらない表現のあり方は、美術において新たな時代が到来しつつあることを、世に知らしめることとなりました。


2-35.jpg

上左:斎藤与里《水浴の女》1909年 加須市蔵
上右:斎藤豊作《秋の色》1912年

左:山脇信徳《雨の夕》1908年 高知市蔵


3 動き出す絵画 ―ペール北山とフュウザン会、生活社

3-10.jpg

1912(大正元)年秋、新帰朝の斎藤与里と高村光太郎を中心に、岸田劉生、萬鉄五郎らが加わって、ヒユウザン会(のちフュウザン会)が結成され、展覧会が開催されます。「後期印象派」からの影響を示す作品が多数出品されたこの展覧会は、新たな美術動向として大きな注目を集めました。北山清太郎は、会の運営に携わるとともに、目録や機関誌の発行を手がけています。フュウザン会の活動と、参加者を中心にしたその後の展開をたどります。


3-12.jpg 3-19.jpg

3-15.jpg

上:岸田劉生《「第二回フュウザン会展覧会」会場装飾画》1913年 公益財団法人 日動美術財団蔵
下左:木村荘八《祖母と子猫》1912年 東京都現代美術館蔵
下中:萬 鉄五郎《女の顔(ボアの女)》1912年 岩手県立美術館蔵
下右:川上涼花《鉄路》1912年 東京国立近代美術館蔵 


4 動き出した先に ——巽画会から草土社へ

北山清太郎は、1914(大正3)年秋、日本画家の団体、巽画会に新設された洋画部の運営を任されることになります。岸田劉生や木村荘八を展覧会審査員に迎えた洋画部は、新機軸として椿貞雄や中川一政ら、若い画家たちを集めました。さらに翌年、巽画会から独立した北山は、岸田らと新たな展覧会をおこします。第1回展の開催をもって草土社と名を変えた展覧会は、大正時代の美術に新たな動きを示していくことになりました。

4-01.jpg 4-15.jpg 4-20.jpg 4-13.jpg


左から:
岸田劉生《黒き帽子の自画像》1914年
木村荘八《壺を持つ女》1915年 愛知県美術館蔵
椿 貞雄《自画像》1915年 千葉県立美術館蔵
岸田劉生《童女図(麗子立像)》1924年 神奈川県立近代美術館蔵


エピローグ 動き出す絵 ——北山清太郎と日本アニメーションの誕生

urashima1.jpg

namakura1.jpg

1916(大正5)年半ば、北山清太郎は美術の世界から離れ、アニメーションの世界に移ります。日本ではまだ誰も完成させたことがなかった「動く絵」の制作を次の仕事に選んだのでした。日本活動写真株式会社(日活)の協力も受け、翌1917(大正6)年5月には第1作となるアニメーション作品を発表。その年に日本で最初のアニメーションを手がけた3人のひとりとなります。展覧会の最後に北山の作品を含めた希少な大正期のアニメーションを紹介します。

左:北山清太郎《浦島太郎》1918年 東京国立近代美術館フィルムセンター蔵[原版提供:松本夏樹]
右:幸内純一《なまくら刀》1917年 東京国立近代美術館フィルムセンター蔵[原版一部提供:松本夏樹]


*会期中、一部展示替えを行います。
前期:11月19日(土)ー12月18日(日)
後期:12月20日(火)ー2017年1月15日(日)


関連事業

■対談講演会「動く私、動く自画像」
講師:森村泰昌(現代美術作家)×聞き手:熊田司(当館館長)
11月26日(土) 14:00から2階ホールにて
(13:30開場、先着120名 *9:30より受付にて整理券配布)

巨匠と呼ばれる画家の絵に自らなりきる作品を制作してきた森村泰昌さんに、その制作を通して見えてきた作品の魅力や秘密を、当館館長が聞き手となってうかがいます。

巨匠と呼ばれる画家の絵に自らなりきる写真作品を制作してきた森村泰昌さんに、その制作を通して見えてきた作品の魅力や秘密、また本展を観て感じられたことなどを、当館館長が聞き手となってうかがいます。

■手回しアニメフィルム上映・解説会
講師:松本夏樹(映像文化史研究家)
12月23日(金・祝) 14:00から2階ホールにて
(13:30開場、先着120名 *9:30より受付にて整理券配布)

北山清太郎が日本最初のアニメーション作家であることに関連して、当時のアニメーションの上映と解説を行います。

■レクチャーコンサート「出会う!音楽」
講師・ピアノ:松井淑恵(和歌山大学)×ヴァイオリン:日俣綾子

2017年1月8日(日) 14:00から2階ホールにて
(13:30開場、先着120名 *9:30より受付にて整理券配布)

美術と同じように西洋からの影響を受けて展開した近代日本の音楽とアジアからの影響を受けた西洋音楽を、解説つきの演奏で紹介します。

■フロアレクチャー(学芸員による展示解説)
11月20日(日)、12月11日(日)、2017年1月9日(月・祝)
14:00から会場にて(要観覧券)

■こども美術館部(小学生対象の鑑賞会)
12月3日(土) 14:00から会場にて(当日開始時間までに要受付)

同時開催:大正の異色画家たち

本展に関連し、大正時代の美術の諸相を、当館コレクションを中心に個人コレクションも交え、紹介します。


主催:和歌山県立近代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会

協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜

開館時間:9:30——17:00(入場は16:30まで)*11/19は10:00開場
休館日:月曜日(1/9は開館し、翌1/10休館)、年末年始(12/29——1/3)
観覧料:一般1000(800)円、大学生800(600)円
*( )内は20名以上の団体料金
高校生以下、65歳以上、障害者の方、県内に在学中の外国人留学生は無料
11/26、12/24は「紀陽文化財団の日」として大学生無料

印刷用ページを開く