和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

開催中の展覧会一覧

特別展 2020 日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク

特別展 2020 日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク

会期: 2019年11月2日(土)〜12月15日(日)

この展覧会は、チェコ出身のふたりのアーティスト、アルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha 1860-1939)とエミール・オルリク(Emil Orlik 1870–1932)に光をあて、ジャポニスム(日本趣味)の影響を受けて展開した同時代のチェコの美術や、ミュシャとオルリクの影響を受けた日本の作家たち、さらにはオルリクと交流のあったウィーンやボヘミア地方の作家たちを採り上げ、グラフィックを舞台に展開した東西の交流を...

コレクション展 2019-冬 特集「ニホンラシサを探せ」

コレクション展 2019-冬 特集「ニホンラシサを探せ」

会期: 2019年11月2日(土)〜12月15日(日)

コレクション展 2019-冬 特集「ニホンラシサを探せ」    「ニホンラシサ」は、日本とその外の世界との接触で生まれた火花のようなもの。 明治以降、西欧文明を移入したとき、そこに現れたのは、日本の強烈なキャラクターだった。 美術における「ニホンラシサ」を強く意識させる作品と資料およそ60点で構成する特集展示です。     関連事業 ○フロアレクチャー  11月9日(土)、11月23日(...

外交史料展 外交史料と近代日本のあゆみ

外交史料展 外交史料と近代日本のあゆみ

会期: 2019年11月2日(土)- 12月15日(日)

外交史料展 外交史料と近代日本のあゆみ>文化学術課のページへ (主催 : 和歌山県、和歌山県教育委員会、外務省外交史料館) 外交史料展 外交史料と近代日本のあゆみ 明治150年を迎えた昨年に引き続き、本年は近代日本が本格的に諸外国と交流するため、外務省が設置されて150年の節目の年です。 国際舞台に乗り出した日本の最初の試練は不平等条約の改正でした。この難題に立ち向かい改正を成功に導いた本県出身の陸奥宗光の功績を中心に、近代日本の外交の...