和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > 開催中の展覧会 > 和歌山県立近代美術館 コレクションの50年

印刷用ページを開く

和歌山県立近代美術館 コレクションの50年

和歌山県立近代美術館 コレクションの50年
川口軌外《少女と貝殻》1934

会期: 2020年9月19日(土)~12月20日(日)

開館50周年記念

和歌山県立近代美術館 コレクションの50年

2020年9月19日(土)~12月20日(日)

和歌山県立近代美術館は、1963年、和歌山城内に開館した和歌山県立美術館を前身として、1970年、和歌山県民文化会館1階に開館しました。「近代」を冠した国公立の美術館としては、日本で5番目の館となります。同会館で23年間の活動を続けたのち、1994年に現在の場所へ新築移転し、今年開館50年を迎えました。それを記念して開催する本展は、和歌山県立美術館時代に収蔵した作品83点を引き継ぎ、その後半世紀にわたる活動のなかで、約13000点の作品を収蔵するまでになった当館のコレクションの歩みを、選りすぐりの作品を通してたどります。当館のコレクションは、郷土の美術家を掘り起こすことから始まり、関西から日本、さらに世界へと目を広げるとともに、版画という専門分野の開拓から世界的なコンクールとなった和歌山版画ビエンナーレ展の開催を含め、地域を基礎とする活動を継続するなかで形づくられました。多くの人に支えられながら築かれたコレクションの豊かさを、改めてご覧いただきたいと思います。

そして会期後半からは「美術館を展示する 和歌山県立近代美術館のサステイナビリティ」を開催し、作品収集にとどまらない美術館活動を振り返ります。展覧会、教育普及など、幅広くもそれぞれが関連した多面的な美術館活動と、それらを支える地域とのつながりにも目を向け、これからの50年、さらに100年を見据えた美術館を考えるための機会といたします。

 

【会 場】和歌山県立近代美術館1階展示室

【主 催】和歌山県立近代美術館

会 期2020年9月19日(土)−12月20日(日)

開館時間9時30分−17時(入場は16時30分まで)

休館日月曜日(9月21日、11月23日は開館、9月23日、11月24日は休館)

観覧料一般520(410)円、大学生300(260)円 *( )内は20名以上の団体料金

*高校生以下、65歳以上の方、障害者、県内に在学中の外国人留学生は無料

*毎月第4土曜日(9月26日、10月24日、11月28日)は「紀陽文化財団の日」として大学生無料

*11月22日は「ふるさと誕生日」として無料

【関連事業

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況により、実施の場合は当ウェブサイトなどでお知らせいたします。

【同時開催】
開館50周年記念 もうひとつの日本美術史ー近現代版画の名作展 2020
2020年9月19日(土)−11月23日(月・祝)

和歌山県立近代美術館 コレクションの50年 画像1
村井正誠《URBAIN No.1》1936

和歌山県立近代美術館 コレクションの50年 画像2
稗田一穗《帰り路》1981

和歌山県立近代美術館 コレクションの50年 画像3
石垣栄太郎《街》1925

ダウンロード/File Download

印刷用ページを開く