和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > 開催中の展覧会 > 宇佐美圭司回顧展

印刷用ページを開く

宇佐美圭司回顧展

宇佐美圭司回顧展
宇佐美圭司《遺作・制動(ブレーキ)・大洪水》2012 個人蔵

会期: 2016(平成28)年3月1日(火)ー4月17日(日)

宇佐美圭司回顧展 絵画のロゴス

宇佐美圭司(1940-2012)は、現代美術を扱うパイオニア的な場であった南画廊で1963(昭和38)年、彗星のごとくデビューして以来、日本を代表する画家として活躍を続けてきた。その制作は、今日の美術の問題を絵画によって明示し、それに回答を試みるものであった。

 

大阪府吹田市に生まれた宇佐美は、少年時代を和歌山で過ごした。画家を志して独学で制作を始め、南画廊での初個展で注目を集めて以後、個展を中心に作品発表を続けた。画面の抽象化を徹底的に押し進めた《還元》シリーズの後、徐々に画面に現れた人間の身体の形は、1965(昭和40)年の『ライフ』誌に掲載されたワッツ暴動の写真から抜き出された4つの人型に集約され、以後の作品の基本的な主題となっていく。1972(昭和47)年の「第36回ヴェネツィア・ビエンナーレ」では日本代表に選ばれるなど、その作品は高く評価され、また多摩美術大学、武蔵野美術大学、京都市立芸術大学で教鞭を執り、後進の育成にも当たっている。著述も活発に行い、1980(昭和55)年の『絵画論』など美術についての論考も多く発表し、ルネサンス以来の知性の業としての美術を追求し続けた。

 

この展覧会は、宇佐美が2012(平成24)年に没してから、関西圏ではその画業を見直す初の機会である。画家を志した時期の水彩から遺作となった作品まで、約60点でその歩みを振り返る。


【会場】和歌山県立近代美術館 2階展示室

【会期】2016(平成28)年3月1日(火)ー4月17日(日)

【開館時間】9:30~17:00(入場は16:30 まで)

【休館日】月曜日(ただし月曜日が祝休日の場合は翌平日休館)

【観覧料】一般510(410)円、大学生300(250)円 ( )内は20 名以上の団体料金

*高校生以下、65 歳以上、障がい者の方、県内に在学中の外国人留学生は無料

 *毎月第4土曜日は「紀陽文化財団の日」として大学生無料

【講演会】岡﨑乾二郎氏(美術家)「宇佐美圭司 の パトスとロゴス」>終了しました

3月21日(月・振替休日)午後2時から 近代美術館2階ホールにて

【展示解説】3月13日(日)、20日(日・祝)>終了しました

4月2日(土)、17日(日)

いずれも午後2時より、展示室にて

 

宇佐美圭司回顧展 画像1

宇佐美圭司回顧展 画像2

 

Clip to Evernote

ダウンロード

印刷用ページを開く