和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > 開催中の展覧会 > 瑛九:紙の上の仕事

印刷用ページを開く

瑛九:紙の上の仕事

会期: 2013年6月8日(土)〜9月1日(日)

瑛九:紙の上の仕事

 Q-Ei:Works on Paper 


瑛九《旅人》1957 リトグラフ、紙


「瑛九:紙の上の仕事」展を開催いたします。

瑛九(えいきゅう/1911−1960)は、本名を杉田秀夫といい、現在の宮崎市に生まれました。10代半ばに上京すると、早くも美術雑誌に批評を発表し始める早熟な少年でした。批評だけにとどまらず、1920年代半ばからは、油絵や写真の制作など、作家活動を始めます。1936(昭和11)年には、「フォト・デッサン」と名付けた、印画紙を使った作品の独創性が認められ、美術界にデビューしました。「瑛九」という変わった名前を使い始めるのもこの時からです。

戦後は、エッチングやリトグラフといった版画の制作にも手を広げ、前衛性を持った独特の幻想世界を作り出し、熱意あふれる理論家的性格も相まって、他の作家に強い影響を与えました。特に関西在住の作家が多数参加した「デモクラート美術家協会」での活動は、関西の戦後美術を考える上でも重要な意味をもっています。病気のため48歳で早世しますが、油絵、版画、写真と、ジャンルを問わずに展開した多彩な創造の世界は、他に類のないものです。

今回の展覧会では、作者にとって重要な表現手法であった、版画や写真などの紙作品を、戦後のものを中心に紹介します。紙の上で繰り広げられた、非常に濃密で不思議な造形世界を、どうぞお楽しみください。

瑛九にゆかりのある作家の作品も展示。20作家98点 資料17点。


開館時間 9時30分−17時(入場は16時30分まで)

休 館 日 月曜日(ただし7月15日は開館し、翌16日休館)

観 覧 料 一般340(270)円、大学生230(180)円 ( )内は20名以上の団体料金

*高校生以下、65歳以上、障害者、県内に在学中の外国人留学生は無料

*「コレクション展 2013-夏」と共通

家族でお出かけ節電キャンペーン>7/17-8/30の平日は入館料が半額となります

 

【関連事業】 

 講演会「瑛九版画の魅力 −制作者の視点から−」

 講師 田島直樹(筑波大学芸術系准教授、版画家)

 7月21日[日]*14時から、2階ホールにて(13時30分開場、先着120名、聴講無料)

 フロア・レクチャー(学芸員による展示解説)

 7月14日[日]、7月15日[月・海の日]*14時から、展示室にて(要観覧券)

 

フォト・デッサン/ペーパーワーク


 《作品C》1935(昭和10) 不透明水彩、紙、コラージュ


   

《犬と女》 1950(昭和25) ゼラチン・シルバー・プリント

《愛撫》 1951(昭和26) ゼラチン・シルバー・プリント


エッチング


 

《背中合せ》エッチング、紙 瑛九エッチング集『小さい悪魔』より 1952(昭和27)刊行

《母》 1953(昭和28) エッチング、紙


  

《人魚の恋》 1953(昭和28) エッチング、紙

《顔B》 1953(昭和28) エッチング、紙


リトグラフ


《裏庭》 1956(昭和31) リトグラフ、紙

《鳥の芝居》 1956(昭和31) リトグラフ、紙


 

《街》 1957(昭和32) リトグラフ、紙

《春のおとずれ》 1957(昭和32) リトグラフ、紙


Tweet

Clip to Evernote

ダウンロード

印刷用ページを開く