和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > 開催中の展覧会 > 『月映』 田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎 ー木版にいのちを刻んだ青春

印刷用ページを開く

『月映』 田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎 ー木版にいのちを刻んだ青春

『月映』 田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎 ー木版にいのちを刻んだ青春
田中恭吉《冬虫夏草》1914年 木版、紙 宇都宮美術館


『月映(つくはえ)』 田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎

—木版にいのちを刻んだ青春

 

 

会期:2015年1月17日(土)―3月1日(日)

 

1914(大正3)年9月、3人の美術学生によって60ページたらずの冊子が世に送り出されました。田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎による木版画と詩の作品集『月映』です。

大正初期、文芸誌『白樺』などで日本に紹介され始めた西洋美術の影響を受けながら、病に苛まれ文字通り命を刻むようにして制作を続けた田中恭吉(1892~1915)と、田中に触発され美しい友情を交わしつつ、生死について深く内省する作品を生み出した藤森静雄(1891~1943)、日本で最も早く抽象表現へと進んだ恩地孝四郎(1891~1955)により、『月映』は近代日本の美術史を彩る珠玉の作品集となりました。

 

この展覧会は『月映』が刊行されて100年となるのを記念し、和歌山県立近代美術館の所蔵品を中心に全国から作品を集め、約330点によりその全貌をご紹介するものです。1915(大正4)年11月の第7号まで約200部ずつ刊行された公刊『月映』から全点を展示するのはもちろん、出版するのとは別に3人だけが持ち合い、現在では1部しか残されていない貴重な私家版も紹介します。また竹久夢二との交流を示す作品があるほか、『月映』を見た萩原朔太郎が装幀を田中と恩地に依頼し誕生した詩集『月に吠える』の挿画となった作品も、現存する恩地孝四郎旧蔵品と萩原朔太郎旧蔵品が今回初めて一緒に並びます。100年前の若者たちの奇跡のような出会いを、ぜひご覧ください。



月映展会場風景

 

【会場】和歌山県立近代美術館 2階展示室

【会期】2015(平成27)年1月17日(土)―3月1日(日)

【開館時間】9:30~17:00(入場は16:30 まで)

【休館日】月曜日

【観覧料】一般510(410)円、大学生300(250)円 ( )内は20 名以上の団体料金

*高校生以下、65 歳以上、障がい者の方、県内に在学中の外国人留学生は無料

*1 月24 日(土)、2 月28 日(土)は「紀陽文化財団の日」として大学生無料

【主催】和歌山県立近代美術館

【後援】NHK 和歌山放送局




  

●記念講演会(いずれも14時〜16時 2階ホールにて)
・1月25日(日) 三木哲夫(兵庫陶芸美術館館長、元当館学芸課長)「月映コレクションの始まり」
・2月8日(日) 井上芳子(当館学芸課長)「月映の魅力」
・2月22日(日)  寺口淳治(広島市現代美術館副館長、前当館学芸課長)「月映と和歌山」

●スライドレクチャー(学芸員による展示解説)
・1月17日(土)、2月14日(土) 14時〜15時 2階ホールにて

●月映展オリジナルグッズ 「月映梅酒」限定販売

・1月24日(土) 12時〜 美術館2階レストラン・アルテにて

詳細はこちら >月映展オリジナルグッズ 〜「月映梅酒」限定販売のご案内

 


 

 会期中、一部作品の展示替えを行ないます。

 前期展示=1月17日(土)~2月8日(日) 後期展示=2月10日(火)~3月1日(日)

 

*表記のないものは和歌山県立近代美術館蔵です。

『月映』 田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎 ー木版にいのちを刻んだ青春 画像1
藤森静雄《瞳》1913年 インク・淡彩、紙

『月映』 田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎 ー木版にいのちを刻んだ青春 画像2
恩地孝四郎《望と怖》1914年頃 木版、紙

『月映』 田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎 ー木版にいのちを刻んだ青春 画像3
田中恭吉《冬の夕》1914年 インク・鉛筆、紙  水と緑と詩のまち前橋文学館

 


 

【同時開催の展覧会】

コレクション展2014/15-冬
2014(平成26)年12月16日(火)―2015(平成27)年2月22日(日)

特集 コレクション/ドネーション
コレクション展2014/15-冬と同会期

 

Tweet

Clip to Evernote

ダウンロード

印刷用ページを開く