和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > これまでの展覧会 > 2010年度の展覧会 > コレクション展 2011 ‐ 春

印刷用ページを開く

コレクション展 2011 ‐ 春

コレクション展 2011 ‐ 春
館 勝生《7 péchés capitaux》
1989(平成元)/油彩、キャンバス

会期: 3月19日(土)〜 6月12日(日)

コレクション展 2011 ‐ 春

当館は、1963(昭和38)年に開館した和歌山県立美術館を前身として、1970(昭和45)年11月に県民文化会館1階に開館し、1994(平成6)年、黒川紀章の設計による現在の建物で新規開館しました。和歌山ゆかりの作家の紹介を中心に据えながら、収蔵作品の幅を海外にも広げ、現在では総点数約一万点となるコレクションを有しています。毎回のコレクション展においては、それら幅広い作品に接していただけるよう、さまざまな観点から作品の紹介を続けています。

coll2011_spring_5.jpg
佐伯祐三《リュ・デュ・シャトーの歩道》
1925(大正14)/油彩、キャンバス

 

 

春のコレクション展では、没後40年を記念して回顧展示を行う吉田政次の作品《青春の輝き》から題を取り、芸術家たちが20代に制作した作品を中心にご紹介します。20代といえば活力にあふれた時期ですが、一般的に芸術家にとっては一応の技術は身につけながらも、自己の表現の確立に苦闘する時代でもあるでしょう。また、新しい表現に挑みながら、社会にはまだ認められないという悩ましい時期かもしれません。若くして亡くなった作家の場合、20代のうちに晩年の成熟を見ることもできるかもしれません。年齢と作品を関連づけて見ることで、意外な発見があるのではないでしょうか。

あわせて、没後30年を迎える和田傳太郎の作品をまとめて紹介するとともに、近年亡くなられた荒川修作や中里斉らを追悼し、作品を紹介します。

コレクション展 2011 ‐ 春 画像1
三浦省吾《作品》1951(昭和26)/陶

コレクション展 2011 ‐ 春 画像2
保田春彦《[犬の頭骨]》
1950(昭和25)/セメント

コレクション展 2011 ‐ 春 画像3
舩井 裕TRAP1968(昭和43)/石版、紙

関連事業

「コレクション展 2011-春」展フロアレクチャ 

  学芸員が展覧会を解説。見所などを紹介します。

  日時:5月1日(日)、5月6日(金)いずれも14時〜15時

  場所:1階展示室 ※1階展示室入口に集合 料金:観覧券が必要

鑑賞ワークショップ「おとなとこどもで楽しむ一点

   おとなとこどもが一緒になって、一点の作品をゆっくり楽しむワークショップです。

  日時:5月3日(火・祝)14時〜15時 鑑賞する作品:川口軌外《少女と貝殻》

  5月7日(土)14時〜15時 鑑賞する作品:中村不折《白頭翁》

  場所:1階展示室 ※1階エントランスホール受付前に集合

  料金:観覧券が必要

  定員:各回10名程度(先着順)

【主催・会場】和歌山県立近代美術館
【開館時間】9時30分~17時00分(入場は16時30分まで)
【休館日】月曜日(3月21日[月・祝]は開館、翌22日[火]休館)
【観覧料】一般340(270)円、大学生230(180)円( )内は20名以上の団体料金
*高校生以下、65歳以上、障害者の方、県内に在学中の外国人留学生(外国人就学生も含む)は無料

 

主な出品作品

ピカソ, パブロ《貧しき食事》1904(明治37)/銅版、紙/46.3×38.0/作者23歳

保田 龍門《島の砂丘》1916(大正5)/油彩、キャンバス/45.7×60.7/作者25歳

林 義明《伊豆大島小景》1915(大正4)/油彩、キャンバス/45.6×60.7/作者25歳

寺中 美一《自画像》1916(大正5)/油彩、キャンバス/45.7×33.6/作者24歳

野長瀬 晩花《[初夏]》1912(大正元)/顔料、絹/110.2×41.8/作者22歳

佐伯 祐三《帽子をかぶる自画像》1922(大正11)/油彩、キャンバス/73.3×53.9/作者24歳

石垣 栄太郎《女の顔》1916(大正5)/油彩、ボード/27.4×21.0/作者23歳

村井 正誠《ロンバルディア》1929(昭和4)頃/油彩、キャンバス/80.8×66.0/作者24歳

高井 貞二《感情の遊離》1932(昭和7)/油彩、キャンバス/150.7×91.0/作者21歳

和田 傳太郎《子牛》1912(大正元)/油彩、板/17.8×25.7/作者16歳

保田 春彦《[犬の頭骨]》1950(昭和25)/セメント/22.0×51.8×24.7/作者20歳

宇佐美 圭司《ヴィリジャン、群れをなして No.5》1960(昭和35)/油彩、キャンバス/183.5×233.5/作者20歳

館 勝生《7 péchés capitaux》1989(平成元)/油彩、キャンバス/194.0×324.0/作者25歳

内海 聖史《眼前の黒》2003(平成15)/油彩、綿布/80.0×160.0/作者25歳

水田 寛《くさむら 12》2008(平成20)/油彩、キャンバス/181.5×227.0/作者25歳

名和 晃平《Psychic numbing (blue)》2000(平成12)/ミクストメディア/90.0×89.0/作者25歳

西田 潤《No.3-A 絶》2001(平成13)/磁土、釉薬/74.0×74.0×66.0/ 作者23歳

 

約100点を展示。展示内容が変わることがあります。


印刷用ページを開く