和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > これまでの展覧会 > 2011年度の展覧会 > なつやすみの美術館「みること」「うつすこと」

印刷用ページを開く

なつやすみの美術館「みること」「うつすこと」

なつやすみの美術館「みること」「うつすこと」

会期: 2011年7月2日(土)~ 8月28日(日)

なつやすみの美術館「みること」「うつすこと」


この夏休みを美術館で過ごしませんか

和歌山県立近代美術館では、さまざまな視点からテーマを設けて、コレクションを紹介しています。
今回は「みること」「うつすこと」をテーマに、美術の持つひとつの側面に光をあてます。写真や版画を中心とした作品を通して、少し変わった視覚体験を、この夏、楽しみます。

見えるものを写すことは、長いあいだ、美術の目的のひとつでした。目に見える世界を写しとり、絵画や彫刻として再現することが、美術の仕事とされてきたのです。
しかし、19世紀に発明された「写真」は、レンズを通した光を定着させることで、見える世界をそのまま写し取ることを可能にしました。写真という新しい現実の出現は、逆に「みる」という体験についての再考を促します。現実の似姿のようにみえるけれども、現実とは異なる世界。写真に写された世界は、私たちの見ている世界とは?リアルとはなにか?と問いかけます。
そして、これまでの美術も、その役割や存在を問われることになりました。また見るために必要不可欠な「光」、あるいは記録される「時間」や「記憶」といった問題もより意識されるようになります。
原版を転写することで制作される「版画」も、写すことによってしか得られないイメージを生成する美術表現です。原版とその写しの間に生じる差異やズレこそは、版画の本質といえるものですが、「うつす」という行為そのものを問うような作品も生まれています。
この展覧会では、「写真」や「版画」といった「うつす」メディアを用いた現代美術の作品を中心に紹介し、「みること」と「うつすこと」をめぐる不思議について、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

【展覧会構成】35作家83点
・写真と美術表現 ・光について・存在をうつすこと・写真と版画のあいだに・時間と記憶

【主な出品作家】
トーマス・ルフ チャック・クロース デビッド・ホックニー 杉本博司 上田薫 鴫 剛 森村泰昌 シンディ・シャーマン ハミッシュ・フルトン アンディ・ゴールズワージー 野村仁 秋岡美帆 名和晃平 中西信洋 吉田重信 ロジャー・アックリング 瑛九 瀧口修造 加納光於 孫雅由 飯塚二郎 吉田克朗 斎藤智 井田照一 木村秀樹 安東菜々 田中孝 木村光佑 高原洋一 濱田弘明 小枝繁昭 野田哲也 クリスチャン・ボルタンスキー 太田三郎 ・・・(順不同)

なつやすみの美術館「みること」「うつすこと」 画像1
野村仁《正午のアナレンマ》1990 写真

なつやすみの美術館「みること」「うつすこと」 画像2
鴫 剛《無題F》1982 アクリル、キャンバス

なつやすみの美術館「みること」「うつすこと」 画像3
名和晃平《PixCell[Camereon]》2003 ミクストメディア

会 期:2011年7月2日(土)~8月28日(日)

休館日:月曜日 ただし7月18日(月・祝)は開館し19日閉館

開館時間:9時30分~17時(入場は16時30分まで)

観覧料:一般500(400)円、大学生300(250)円 ( )内は20名以上の団体料金

*高校生以下、65歳以上の方、障害者、県内に在学中の外国人留学生(外国人就学生も含む)は無料

 

関連事

・ワークショップ「「もっと、光を」ドキドキ少年撮影隊ミュージアム編 Part II」

講師:佐藤時啓(東京藝術大学教授)

8月20日(土)、21日(日) 場所:和歌山県立近代美術館および熊野古道なかへち美術館ほか

※詳しくは、下記のファイルをダウンロードしてご覧ください。

・フロアレクチャー(学芸員の展示解説)

7月10日(日)、7月18日(月・祝)14時から、2階展示室にて(要観覧券)

・こどもギャラリートーク(子どもを対象としたトーク。親子でも参加できます)

7月30日(土)、8月7日(日)、8月13日(土)14時から、2階展示室にて(要観覧券)

 

 

ダウンロード

印刷用ページを開く