和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

2013年度の展覧会一覧

瑛九:紙の上の仕事

瑛九:紙の上の仕事

会期: 2013年6月8日(土)〜9月1日(日)

瑛九:紙の上の仕事  Q-Ei:Works on Paper  瑛九《旅人》1957 リトグラフ、紙 「瑛九:紙の上の仕事」展を開催いたします。 瑛九(えいきゅう/1911−1960)は、本名を杉田秀夫といい、現在の宮崎市に生まれました。10代半ばに上京すると、早くも美術雑誌に批評を発表し始める早熟な少年でした。批評だけにとどまらず、1920年代半ばからは、油絵や写真の制作など、作家活動を始めます。193...

コレクション展 2013−夏

コレクション展 2013−夏

会期: 2013年6月8日(土) 〜 9月1日(日)

コレクション展 2013 –夏 稗田一穂《羽化》1959 顔料、紙 和歌山県立近代美術館は1963(昭和38)年に和歌山城の敷地内に開館した和歌山県立美術館を前身として、1970(昭和45)年、県民文化会館内に和歌山県立近代美術館として開館し、そこで23年あまりの活動を続けた後、1994(平成6)年7月に黒川紀章の設計による現在の建物でリニューアルオープンしました。2013(平成25)年は、県の美術館として発足してから50年...

日本の絵画の50年

日本の絵画の50年

会期: 2013年4月20日(土)〜6月16日(日)

  過去半世紀にわたり、多くの芸術家たちが独自の表現を試み、多様な表現を生み出してきました。絵画においても多様な表現が追求されています。作品はしばしば抽象的であったり、記号性を強調したものであったりしますが、それは絵画の本質は何かを問いつめた結果でした。作品を構成要素に解体し、純粋さをきわめようとする態度は、一見すると単純で、それ以外の可能性を見いだせないような極端な表現にいたりました。しかし、創造の豊かさを求める芸術家たちは...