和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > これまでの展覧会 > 2017年度の展覧会 > 特集 おはなしのなかへ

印刷用ページを開く

特集 おはなしのなかへ

特集 おはなしのなかへ
野長瀬晩花《女優》1947年

会期: 終了しました。

特集 おはなしのなかへ

Special Feature: Telling Stories

 

和歌山県立近代美術館、夏のコレクション展の特集展示は「おはなしのなかへ」。

美術作品が作られるきっかけの一つに、いろいろなおはなしを形にするということがあります。

実際に起こったできごとや考え出されたものがたりが、語り継がれ、書きとめられて、おはなしとして伝えられてきました。そんなおはなしに想像力、つまり何かの姿や形を思い描く力を刺激されて、多くの美術作品が生まれています。

神話や伝説、ものがたりを元にした作品もあれば、作品そのものが一つのおはなしであるような作品、そしておはなしを演じる俳優や、舞台を描いた作品など、おはなしと美術の関わりかたもいろいろです。

おはなしを通じて作品のなかへ、そして作品からおはなしのなかへ入っていきましょう。


場】 和歌山県立近代美術館 1階展示室A・B

期】 2017年5月30日[火]- 9月10日[日]

【開館時間】 9時30分-17時(入場は16時30分まで)

【休 館 日】 月曜日[ただし7月17日(海の日)は開館し、翌18日(火)休館]

【観 覧 料】 一般340(270)円、大学生230(180)円

( )内は20名以上の団体料金

*高校生以下、65歳以上、障害者の方、県内に在学中の外国人留学生は無料

*毎月第4土曜日(6月24日、7月22日、8月26日)は「紀陽文化財団の日」として大学生無料

【関連事業】 こども美術館部2017「それはそうぞうだそうだぞう」6月17日(土)14時から>終了しました。

展示解説:6月4日(日)、7月16日(日)、9月2日(土) いずれも14時から>終了しました。


【同時期に開催の展覧会】

「現代版画の展開」 6月25日[日]まで>終了しました。

「鈴木久雄 彫刻の速度 和歌山展」 6月14日[水]― 9月10日[日]

「なつやすみの美術館7 すききらい、すき?きらい?」 7月8日[土]― 9月18日[月・祝]

ダウンロード

印刷用ページを開く