和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > これまでの展覧会 > 2018年度の展覧会 > コレクション展2018-夏秋 特集:院展の画家たちIⅡ/鈴木昭男 音と場の探究

印刷用ページを開く

コレクション展2018-夏秋 特集:院展の画家たちIⅡ/鈴木昭男 音と場の探究

コレクション展2018-夏秋 特集:院展の画家たちIⅡ/鈴木昭男 音と場の探究
冨田溪仙「列仙」のうち西王母》1920 滋賀県立近代美術館蔵

会期: 2018年8月4日(土)〜10月21日(日)

コレクション展 2018 - 夏秋

特集 院展の画家たちIII

特集 鈴木昭男 音と場の探究

 

和歌山県立近代美術館のコレクション展では、日本画・洋画・彫刻・版画など、総数1万点を超える所蔵品を通じて幅広い美術の表現に接していただけるよう、季節ごとに展示を替え、特集コーナーも設けながら作品紹介を続けています。

また、滋賀県立近代美術館が大規模な増築・改修を行うにあたり、その休館期間中、同館が誇るコレクションの一部を当館で公開することとなりました。

今回は、そうしたふたつの近代美術館のコレクションなどにより、【和歌山ゆかりの作家と近代美術】【特集 院展の画家たちIII】【戦後日本の美術】【アメリカ抽象表現主義と現代美術】【特集 鈴木昭男 音と場の探究】のコーナーを設け、作品を紹介します。

【特集 院展の画家たちII】では滋賀県立近代美術館所蔵の日本画コレクションから、「禅僧の如き風姿 - 冨田溪仙の画境」として、大正初期から昭和初期にかけて日本美術院で活躍した冨田溪仙(とみたけいせん)(1879−1936)を紹介します。

【特集 鈴木昭男 音と場の探究】では、日本におけるサウンド・アートの先駆者として知られる鈴木昭男(すずきあきお)(1941− 平壌生まれ/京都府京丹後市在住)の活動を、作家が所蔵する資料を中心に紹介します。

 


【会場】和歌山県立近代美術館 1階展示室

【会期】2018年8月4日(土)− 10月21日(日)

【開館時間】9時30分−17時(入場は16時30分まで)

【休館日】月曜日(ただし、9月17日、24日、10月8日は開館し、9月18日、25日、10月9日が休館)

【観覧料】一般340(270)円、大学生230(180)円( )内は20名以上の団体料金
*「特集 鈴木昭男 音と場の探究」「特集 院展の画家たちIII」と共通
*高校生以下、65歳以上、障害者、県内に在学中の外国人留学生は無料
*毎月第4土曜日は「紀陽文化財団の日」として大学生無料

 

「鈴木昭男 音と場の探究」展ページはこちら


ダウンロード

印刷用ページを開く