和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > これまでの展覧会 > 2019年度の展覧会 > 芸術に親しもう!おでかけ美術館 坂井淑恵展「水の中」

印刷用ページを開く

芸術に親しもう!おでかけ美術館 坂井淑恵展「水の中」

芸術に親しもう!おでかけ美術館 坂井淑恵展「水の中」
坂井淑恵《Whale》2017(平成29) 油彩、キャンバス 個人蔵 画像提供:GALLERY ZERO 撮影:高嶋清俊

会期: 太地町立石垣記念館にて
2019(令和元)年10月3日(木)―27日(日)

芸術に親しもう!おでかけ美術館 第1回 紀南地方

坂井淑恵展「水の中」

2019(令和元)年10月3日(木) - 27日(日)

9:00 - 16:30 会期中無休 入場無料

太地町立石垣記念館


太地町で生まれ、移民としてアメリカに渡って画家となった石垣栄太郎(1893-1958)を顕彰するため、妻であり評論家として活躍した石垣綾子(1903-1996)が開設した太地町立石垣記念館で、坂井淑恵さんの個展を開催中です。

坂井淑恵さんは1965(昭和40)年、千葉県生まれ。和歌山に育ち和歌山県立向陽高校を卒業。京都芸術短期大学(現在の京都造形芸術大学)を卒業後、京都市立芸術大学に進み大学院を修了。現在は和歌山市に住み、画家として活動しています。近年は水をテーマにした絵画作品を多く制作し、個展を中心に発表活動を続ける一方、VOCA展(2000、上野の森美術館)、新鋭美術選抜展(2000、京都市美術館)、第20回安田火災美術財団選抜奨励賞展(2001、東京)、イノセンス(2010、栃木県立美術館)、第31回損保ジャパン美術財団選抜奨励賞展(2012、東京)などの展覧会に選ばれ活躍しています。

 

【関連事業】

◎ワークショップ

 太地町立石垣記念館で開催中の「おでかけ美術館」で作品を紹介している画家の坂井淑恵さんと一緒に作品を作るワークショップを開催します。ぜひご参加ください。

 日時:2019年10月27日(日)午後1時~3時

 場所:太地町立石垣記念館 玄関前

 対象:小学生以上(低学年の方は必ず保護者の同伴をお願いします。)

 定員:15人

参加費:無料

講師:坂井淑恵(画家)

申し込み方法:「おでかけ美術館ワークショップ参加希望」と明記のうえ、参加を希望される方の氏名、年齢、連絡先(電話番号かメールアドレス)を下記のメールかFAXでお知らせください。定員になり次第締め切ります。

メール:1027taiji@gmail.com

FAX:073-426-0760

持ち物:タオルや飲み物をご持参ください。

注意:絵具や水を使いますので、汚れても良い服装で参加ください。

荒天により気象警報が発表された場合は中止いたします。

ワークショップの実施をお手伝いいただける方もあわせて募集いたします。

 

お問い合わせ:和歌山県立近代美術館

担当:奥村泰彦

和歌山市吹上1-4-14

tel: 073-436-8690 / fax: 073-426-0760

www.momaw.jp/

 

芸術に親しもう!おでかけ美術館 坂井淑恵展「水の中」 画像1
坂井淑恵《Green House》2005(平成17) 油彩、キャンバス 個人蔵

印刷用ページを開く