和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

これまでの展覧会一覧

コレクション展 2016−春

コレクション展 2016−春

会期: 2016(平成28)年3月29日(火)ー 5月29日(日)

幅広い美術の表現に接していただけるよう、季節ごとに展示を替えて作品紹介を続けています。

恩地孝四郎展 抒情とモダン

恩地孝四郎展 抒情とモダン

会期: 2016(平成28)年4月29日(金・祝)ー6月12日(日)

4月29日より 版画を中心に、装丁、写真など広範な領域で活躍し、近現代日本の美術に大きな足跡を残した恩地孝四郎。国内外から集めた約400点により、画業の全貌を回顧する展覧会です。

第69回 和歌山県美術展覧会(県展)/第1回和歌山県ジュニア美術展覧会

第69回 和歌山県美術展覧会(県展)/第1回和歌山県ジュニア美術展覧会

会期: 11月19日(木)ー12月6日(日)

11月29日、12月6日は午後3時までです。 広く美術作品の公募を行い、優れた作品を審査、選考し、県民に紹介することで、県民のさらなる創作意欲の喚起を図り、芸術文化の振興に寄与することを目的として、「第69回和歌山県美術展覧会(県展)」を開催します。 また、小・中学生を対象とした「第1回和歌山県ジュニア美術展覧会(ジュニア県展)」が初めて開催されます。

特集 謄写印刷工房からー印刷と美術のはざまで

特集 謄写印刷工房からー印刷と美術のはざまで

会期: 2016(平成28)年3月29日(火)ー 5月29日(日)

制作当時、美術とは認められていなかった謄写版工房の作品を紹介。コピー機などの普及によって忘れ去られつつある人間の手仕事の尊さを、改めてご覧ください。

特集 光について

特集 光について

会期: 2015(平成27)年12月23日(水・祝)ー 2016(平成28)年3月13日(日)

前谷康太郎《Reconsider》2015 ビデオインスタレーション     光について 太陽の光、星の光、火の光、電気の光・・・。 自然の光や人工の光、私たちはさまざまな光に取り囲まれて生活しています。 「見る」ことにとって光は欠かせませんし、絵画や彫刻、版画といった視覚芸術においても、光は重要な存在です。それは照度の確保というだけでなく、印象派が、光の変化を描くことによって新しい芸術表現を展開したよう...

コレクション展 2015/16−冬

コレクション展 2015/16−冬

会期: 2015(平成27)年12月23日(水・祝)ー 2016(平成28)年3月13日(日)

幅広い美術の表現に接していただけるよう、季節ごとに展示を替えて作品紹介を続けています。

特集 生誕120年 逸見享

特集 生誕120年 逸見享

会期: 2015(平成27)年9月19日(土)ー 12月6日(日)

和歌山市生まれで、同郷の田中恭吉に影響を受けた版画家逸見享(1895〜1944)の生誕120年を記念し、当館所蔵品を中心にその画業を紹介する展覧会です。

コレクション展 2015−秋 特集:アメリカ移民の歴史と芸術家たち

コレクション展 2015−秋 特集:アメリカ移民の歴史と芸術家たち

会期: 2015(平成27)年9月19日(土)ー 12月6日(日)

【終了しました】コレクション展では幅広い美術の表現に接していただけるよう、季節ごとに展示を替えて作品紹介を続けています。今回は「特集:アメリカ移民の歴史と芸術家たち」のコーナーを設けます。

宇佐美圭司回顧展

宇佐美圭司回顧展

会期: 2016(平成28)年3月1日(火)ー4月17日(日)

宇佐美圭司(1940〜2012)は、人体を記号化した絵画で注目を集めました。没後3年を機に、最晩年の作品を含めて、その画業を一望します。

生誕110年 村井正誠展 ひとの居る場所

生誕110年 村井正誠展 ひとの居る場所

会期: 2015(平成27)年12月18日(金)ー2016(平成28)年2月14日(日)

和歌山県新宮市で育った画家、村井正誠(1905〜1999)。ひとが時代と場所を越えて繋がりあえる絵画を求めて、描き続けた生涯を回顧する展覧会です。