和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

これまでの展覧会一覧

コレクション展2014−春

コレクション展2014−春

会期: 終了いたしました。
ご来館ありがとうございました。

コレクション展においては、幅広い美術の表現に接していただけるよう、季節ごとに展示を替え、さまざまな観点から作品紹介を続けています。今回は、「和歌山ゆかりの作家と近代の美術」、「現代の彫刻から」、「色・いろいろ」という3つのコーナーを設けました。

モノクロームの世界

モノクロームの世界

会期: 終了いたしました。
ご来館ありがとうございました。

黒を用いて描き出す版画と、光によって表現する写真表現を中心に、モノクロームによって表わされた世界をご紹介します。

版画について考える -101年目の宿題-

版画について考える -101年目の宿題-

会期: 2014年2月18日(火)〜 3月30日(日)

『大阪朝日新聞』に特集「版画展覧会」が掲載されて100年、作り手の「自画、自刻、自摺」により、版画を近代的な美術作品と位置づけようとした創作版画、現代版画の問題を考えます。

コレクション展 2013/14-冬

コレクション展 2013/14-冬

会期: 2013年12月17日(火)—2014年2月23日(日)

コレクション展 2013/14-冬   当館は、1963(昭和38)年に和歌山城の敷地内に開館した和歌山県立美術館を前身として、1970(昭和45)年11月、県民文化会館内に開館しました。明治時代以降の和歌山ゆかりの作家を紹介することを中心に活動を続け、1994(平成6)年には黒川紀章の設計による現在の建物でリニューアルオープンしました。それに伴い、作品収集の範囲を国内外に広げ、現在では総数1万点を超える作品を所蔵しています。...

物質(モノ)と美術

物質(モノ)と美術

会期: 2013年12月21日(土)-2014年2月11日(火・祝)

作品を構成する物質という側面から美術作品について考えることにより、一層深くその世界に迫ることを試みます。対象となるのは、日本と欧米の20世紀を中心とした美術です。

人間と宇宙のドラマ:吹田文明・堀井英男・長岡國人

人間と宇宙のドラマ:吹田文明・堀井英男・長岡國人

会期: 2013年12月17日(火)—2014年2月23日(日)

版画によって独自の表現を追求してきた吹田文明(ふきた・ふみあき/1926- )、堀井英男(ほりい・ひでお/1934-1994)、長岡國人(ながおか・くにと/1940-)の作品の中に描き出された人間と人間を取り巻く世界の姿を紹介します。

和歌山県文化表彰50周年記念展

和歌山県文化表彰50周年記念展

会期: 2013(平成25)年11月23日(土)−12月8日(日)

和歌山県文化表彰50周年記念展 和歌山県文化表彰美術分野(洋画、日本画、彫刻、漆芸、陶芸、版画、俳諧、工芸、書、写真、漫画、イラスト、CG)の歴代個人受賞者の作品を展示します。 会期:2013(平成25年)11月23日(土)−12月8日(日)開館時間:9:30-17:00(入場は16:30まで)休館日:月曜日ミュージアム・コンサート:11月23日(土)10:00- 近代美術館展示室内にて演奏者 中西俊哉...

第67回和歌山県美術展覧会(県展)

第67回和歌山県美術展覧会(県展)

会期: 日本画・書・工芸 10月31日(木)~11月4日(月)
洋画・写真・彫塑 11月6日(水)~11月10日(日)
11月4日(月)、11月10日(日)は15:00までです。
ご注意ください。

第67回 和歌山県美術展覧会(県展) 広く美術作品の公募を行い、優れた作品を審査、選考し、県民に紹介することで、県民のさらなる創作意欲の喚起を図り、芸術文化の振興に寄与することを目的とする展覧会です。 詳しくはこちら> 【お問い合せ】和歌山県庁文化国際課 県展担当     tel: 073-441-2050 fax: 073-433-1192     E-mail: e022100...

コレクション展2013-秋

コレクション展2013-秋

会期: 2013年9月14日(土)〜12月1日(日)

コレクション展 2013-秋   「コレクション展 2013-秋」を開催いたします。  当館は、1963(昭和38)年に開館した和歌山県立美術館を前身として、1970(昭和45)年11月、県民文化会館内に開館しました。明治時代以降の和歌山ゆかりの作家を紹介することを中心に活動を続け、1994(平成6)年には黒川紀章の設計による現在の建物でリニューアルオープンしました。それに伴い、作品収集の範囲を国内外に広げ、現在では...

香山小鳥:ゆめの日のかげ

香山小鳥:ゆめの日のかげ

会期: 2013年9月14日(土)〜12月1日(日)

香山小鳥:ゆめの日のかげ  羽ばたきはしばしがほどのゆめのかげ光りて消ぬる小鳥よあはれ (田中恭吉「ゆめの日のかげ」より) 創作版画の草創期に重要な足跡を残した香山小鳥(1892-1913)。  親友だった田中恭吉と恩地孝四郎によって、彼の版画や絵葉書等が今日に伝えられました。  没後100年を記念し、そのすべてを公開します。  香山小鳥(本名 藤禄)は1892年2月、長野県飯田市に生まれまし...