和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

和歌山県立近代美術館ニュース一覧

和歌山県立近代美術館ニュースNo.78

2014年3月31日発行 ◎モノでしかないモノを作る 中川佳宣の潮岬での展示と美術館でのワークショップから 宮本久宣 ◎ 「和歌山県立近代美術館・博物館 建築の魅力をさぐる」(講演会抄録)浜田拓志(編) ◎版画について考える たとえば、画家・村井正誠の場合 植野比佐見 ◎不思議なモノと美術館 青木加苗...

和歌山県立近代美術館ニュースNo.77

2014年1月4日発行◎石垣栄太郎 ー生誕120年、本貫の地で考えたこと 熊田司 ◎人間と宇宙のドラマ 吹田文明・堀井英男・長岡國人 展 奥村泰彦◎美術館と学校教育 なかしょうミュージアムをお手伝い 奥村泰彦◎香山小鳥 ゆめの日のかげ 拾遺 井上芳子 ◎和歌山美術館教育研究会ニュースレター 教育普及課◎平成25年度 友の会美術館賞ツアー 友の会事務局 松原 ...

和歌山県立近代美術館ニュースNo.76

2013年11月1日発行◎今年の「なつやすみ」を総まとめーなつやすみの美術館3「美術の時間」より 青木加苗◎アーティスト・トーク佐藤時啓+ワークショップ 光とあそぼう!  青木加苗◎講演会「瑛九版画の魅力 ー制作者の視点からー」 宮本久宣◎大規模災害への対応 進む情報共有 浜田拓志...

和歌山県立近代美術館ニュースNo.75

2013年7月1日発行 ◎日本の絵画の五十年 奥村泰彦 ◎「版画・図案・オブジェ」 井上芳子 ◎ 瑛九《旅人》について 宮本久宣 ◎ワークショップ「はじめての謄写版」から 植野比佐見 ◎ゴールデンウィークは美術館へ〜コレクション展2013ー春 鑑賞ワークショップに参加して 佐竹誠(和歌山大学大学院)/青木加苗 編...

和歌山県立近代美術館ニュースNo.74

2013年3月31日発行
◎版画をめぐる「謄写版の冒険」 植野比佐見
◎「日本エッチング」の想い出 熊田司
◎戸外で美術ー和歌山大学教育学部附属中学校によるインスタレーション授業 奥村泰彦
◎当館(うち)の《聖女》が笑わせるから 青木加苗
◎三栖敏雄《絵を描く伊作》(1912)について 奥村一郎

和歌山県立近代美術館ニュースNo.73

2012年12月28日発行
◎川口軌外の生涯と芸術 酒井哲朗氏講演会より 奥村泰彦
◎作品の下層を探る 奥村泰彦
◎講演会「田中恭吉のひみつ」坂本雅美(紙本保存修復家) 井上芳子
◎大正の空気 ー田中恭吉と建畠大夢 寺口淳治
◎悩みのなかに覚める人たち 田中恭吉の作品に見る『聖アントワーヌの誘惑』的物語性 宮本久宣
◎友の会版画プレゼント記念講演会 出原司「和歌山と私の制作」より 松原友美

和歌山県立近代美術館ニュースNo.72 

2012年10月31日発行
◎田中恭吉展拾遺(その一) 恩地孝四郎・藤森静雄・大槻憲二に捧げた作品と蔵書 井上芳子
◎田中恭吉展拾遺(その二) 藤森静雄の遺品から 寺口淳治
◎「神秘の感覚」を ー「幻想の美術」展へのお誘い 宮本久宣
◎コレクション展にようこそ。 植野比佐見
◎「ロマンティックなシンプリシティ」 ーニコラス・フォックス・ウェーバー氏講演会「アルバース、その人と芸術」 青木加苗
◎作品と人と 「なつやすみ特集 野田哲也」アーティスト・トークより 奥村一郎
◎夏休みの宿題と美術館。定着してきた「美術館へ行くこと」。奥村泰彦

和歌山県立近代美術館ニュースNo.71 

2012年7月31日発行
◎展覧会ノート 明治21年の女子旅 神中糸子のスケッチから 宮本久宣
◎おしゃべりな作家たち(ーのことばを通して「わからない」について考える) 青木加苗
◎「なつやすみ特集 野田哲也」 奥村一郎
◎和歌山には「南」の美術が似合う? 熊田司

2012年3月30日発行

和歌山県立近代美術館ニュースNo.69 

2012年1月13日発行