和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > 和歌山県立近代美術館ニュース > 和歌山県立近代美術館ニュースNo.86

和歌山県立近代美術館ニュースNo.86

2016年3月25日発行

◎「宇佐美圭司回顧展 絵画のロゴス」3度目の回顧展 奥村泰彦

◎印刷と美術のはざまで—ひとつの謄写版資料をめぐるはなし 植野比佐見

◎月憑きて 続 日本画家・稗田一穗と月〜《帰り路》にいたるまで 藤本真名美

◎10年目の点音(おとだて) 鈴木昭男+梅田哲也「点音in和歌山2015」奥村一郎

◎教育普及活動より 高校生と語る「美術とは何か」 奥村泰彦

◎平成26年度友の会版画プレゼント&講演会 友の会事務局 松原