和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > 和歌山県立近代美術館ニュース > 和歌山県立近代美術館ニュースNo.87+88

和歌山県立近代美術館ニュースNo.87+88

2017年3月1日発行

◎「恩地孝四郎展 抒情とモダン」記念講演会より 藤本真名美
・抽象への方途  恩地孝四郎の版画 松本透氏
・恩地孝四郎の実験精神:創作版画から現代美術へ 桑原規子氏

◎本の美術:ルリユールへの誘い 井上芳子

◎薔薇色の鏡 銅版画について 植野比佐見

◎特集展示 ドローイングー水彩・パステル・紙の世界 奥村泰彦

◎修復について 村井正誠《百霊廟》の場合 植野比佐見

◎《Reconsider》ー「光について」出展を振り返って 前谷孝四郎
特集「光について」 奥村一郎

◎「文化的景観」と美術館ーーICOMミラノ大会に参加して 青木加苗

◎新収蔵作品のり 木村荘八《水道橋》 宮本久宣

◎教育普及活動より 夏の「ポスト」を知っていますか? 青木加苗