和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > 和歌山県立近代美術館ニュース > 和歌山県立近代美術館ニュースNo.93

和歌山県立近代美術館ニュースNo.93

和歌山県立近代美術館ニュースNo.93

2017年2月27日発行

◎水彩画の広がり 大下藤次郎と和歌山のひとびと「水彩画家・大下藤次郎展」より 宮本久宣

◎黒住章堂からのメッセージ 和歌山市寂光院の文化財緊急調査を通じて 藤本真名美

◎美術館とは何か 美術館はどこへ行くのか「美術館の原則と美術館関係者の行動指針」 青木加苗 

◎公開シンポジウム「#学芸員のおしごと」学芸員が地域に果たす役割 奥村一郎

◎「保存」の話をしよう。③いないときに、いる。 植野比佐見