和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > What's New > 2016(平成28)年度の展覧会予定

2016(平成28)年度の展覧会予定

2016(平成28)年度の展覧会予定
泉茂《しゃも》

2016(平成28)年4月から2017(平成29)年3月末までの展覧会予定です。

 

◇企画展

宇佐美圭司回顧展 絵画のロゴス

3月1日(火)〜4月17日(日)

宇佐美が2012(平成24)年に没してから、関西圏ではその画業を見直す初の機会として、画家を志した時期の水彩から遺作となった作品まで、約60点でその歩みを振り返ります。

 

特別展 恩地孝四郎展 抒情とモダン

4月29日(金・祝)〜6月12日(日)
版画を中心に、装丁、写真など広範な領域で活躍し、近現代日本の美術に大きな足跡を残した恩地孝四郎(1891-1955)。国内外から集めた約400点により、全貌を回顧する展覧会です。

 

なつやすみの美術館6 きろくときおく

7月2日(土)〜9月19日(月・祝)

夏休み中の子どもとおとなが一緒に楽しむ展覧会。6回目となる今回は、記録と記憶をテーマに作品を紹介します。

 

特別展 動き出す!絵画  モネ、ゴッホ、ピカソらと大正の若き洋画家たち

11月19日(土)~2017(平成29)年1月15日(日)

大正時代、西洋美術に学び、新たな表現によって時代を動かそうとした若き洋画家たち。彼らを支えた和歌山出身の北山清太郎の視点を手がかりに、彼らが憧れた西洋美術と彼ら自身の表現を紹介します。

 

泉茂 ハンサムな絵のつくりかた

2017(平成29)年1月27日(金)〜3月26日(日)

叙情的な作風で版画家として評価された青年時代から、文学性を排除した晩年の明快な表現へ。実験的な制作を続け、関西の美術を牽引してきた泉茂(1922-1995)の画業を紹介します。

 

◇コレクション展

コレクション展 2016−春

特集 謄写印刷工房から—印刷と美術のはざまで

〜5月29日(日)

 

コレクション展 2016−夏

特集 ドローイング—水彩・パステル・紙の世界

6月7日(火)〜9月4日(日)

 

コレクション展 2016−秋

特集 薔薇色の鏡—銅版画の技と表現

9月13日(火)〜11月3日(木・祝)

 

コレクション展 2017—春

特集 群像—交錯する声

2017(平成29)年1月27日(金)〜3月31日(金)次年度に継続

 

和歌山県特別事業

第70回和歌山県美術展覧会(県展)

Ⅰ(日本画・書・工芸) 10.12(水)-10.16(日)

II(洋画・写真・彫塑) 10.19(水)-10.23(日)

III(ジュニア部門) 10.26(水)-10.30(日)

 

 

Clip to Evernote