和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

  • English
  • 中文
  • 한국어
  • 日本語
  • トップページへ
  • 展覧会ページへ
  • イベントページへ
  • コレクションページへ
  • 施設・沿革ページへ
  • 利用案内ページへ

トップページ > What's New > なつやすみの美術館10「あまたのプログラム」

なつやすみの美術館10「あまたのプログラム」

logo.jpg


「なつやすみの美術館10 あまたの先日ひしめいて今日」展では、美術館の内外で展覧会を楽しむためのプログラムを4つ準備しています。展覧会を見るとき、見たあと、見ていない人でも、自由に参加していただけます。

 

展覧会を見るときに

worksheet2020top.jpgのサムネール画像

ワークシート
毎年、和歌山美術館教育研究会で作成している展覧会を楽しむためのワークシートです。今年は、本展出品作家の田中秀介さんにもご参加いただきました。会場入り口でも配布しています。こちらからダウンロードもしていただけます。


展覧会を見たあとで

あなたはどこ? ここはだれ?
展示室の外にあるスペースに、作品と自分との距離感を示す場所を設けています。作品のシールを貼って、自分の感覚を記してみましょう。

あまたの今日ひしめくPOST
展示鑑賞後の感想をあるテーマに沿って残すための「ポスト」です。なつやすみの美術館展では毎年、行っています。今年のテーマは、一番「ちかい/とおい」作品です。ポストの横に掲示しているので、他の人の意見も見てみましょう。

 

展覧会を見なくても 

moyori2.jpg

もより石
田中秀介さんのように、日常をいつもよりちょっとだけ意識して過ごしてみるためのプログラムです。モチーフとなるのは「石」。展覧会を見に来られなくても、参加することができます。詳細はこちらから