トップページ >教育普及 >なつやすみの美術館

なつやすみの美術館

2011年より続いている夏期休暇中の展覧会「なつやすみの美術館」。大人も子どもも一緒になって、また展示作品の時代やジャンルもさまざまに、美術を楽しんでいただける展覧会として開催しています。この展覧会にあわせて和歌山美術館教育研究会で作成するワークシートは、近隣の学校では夏期休暇中の課題として活用されています。

2019年からは、県内各地へと出張展示を行う「芸術に親しもう! おでかけ美術館」事業と連携し、出品作家の作品を、紀南、紀中、紀北でと紹介しています。2021年度、11回目の「なつやすみの美術館」と3回目の「おでかけ美術館」は以下の内容で開催します。

なつやすみの美術館11 野田裕示「集まる庭」
2021年7月17日(土)—9月26日(日)

おでかけ美術館 第3回 紀北地方(橋本市)
2021年10月1日(金)—10月17日(日)
場所:橋本市教育文化会館


これまでの「なつやすみの美術館」と展覧会鑑賞ワークシート

ツイートボタン
いいねボタン