開催中の展覧会

コレクション展 2022-春夏 特集:生誕130年 田中恭吉

コレクション展 2022-春夏 特集:生誕130年 田中恭吉

会期 : 2022年04月29日(金)~2022年07月03日(日)

当館のコレクションをご覧いただきます。また特集として、田中恭吉(1892–1915)の生誕130年を記念し、約80点の作品をご紹介します。

UPDATE:2022.04.19

モダン・プリンツ コレクションにみる世界の版画

モダン・プリンツ コレクションにみる世界の版画

会期 : 2022年04月09日(土)~2022年06月26日(日)

モダン(近代)という時代にとって、表現としての版画はどのような役割を担ってきたのでしょうか。国内屈指の規模を誇る当館の版画コレクションを中心に紹介します。

UPDATE:2022.03.27

これまでの展覧会

コレクション展 2022-冬春 特集:若き日の野長瀬晩花

コレクション展 2022-冬春 特集:若き日の野長瀬晩花

会期 : 2022年02月08日(火)~2022年04月17日(日)

当館コレクションを紹介します。展示のなかで、和歌山県出身の日本画家、野長瀬晩花(1889〜1964)を特集するコーナーを設けます。

UPDATE:2022.01.28

20世紀からおみやげ。––近現代美術のたのしみ

20世紀からおみやげ。––近現代美術のたのしみ

会期 : 2022年02月05日(土)~2022年03月27日(日)

作品に反映された20世紀、100年の美術の歴史について、新しい素材や技術が表現にもたらした変化、教育による美術の普及など、いくつかの視点からご覧いただきます。

UPDATE:2022.01.19

第75回和歌山県美術展覧会(県展)/第7回和歌山県ジュニア美術展覧会(ジュニア県展)

第75回和歌山県美術展覧会(県展)/第7回和歌山県ジュニア美術展覧会(ジュニア県展)

会期 : 2022年01月19日(水)~2022年01月23日(日)

和歌山県美術展覧会を開催します。また、小学生と中学生を対象とした和歌山県ジュニア美術展覧会を開催します。

UPDATE:2021.12.27

コレクション名品選

コレクション名品選

会期 : 2022年01月08日(土)~2022年01月23日(日)

和歌山ゆかりの作家による洋画と彫刻作品により、近代美術の歴史をふりかえります。

UPDATE:2021.12.19

和歌山の近現代美術の精華

和歌山の近現代美術の精華

会期 : 2021年10月23日(土)~2021年12月19日(日)

和歌山県誕生150年を記念し、「紀の国わかやま文化祭2021」と連携して開催する特別展です。和歌山の近代と現代の美術に関わる重要な作品を国内各地から集め、館蔵の名品とともにご覧いただきます。

UPDATE:2021.09.26

芸術に親しもう!おでかけ美術館 第3回 紀北地方 野田裕示展

芸術に親しもう!おでかけ美術館 第3回 紀北地方 野田裕示展

会期 : 2021年10月01日(金)~2021年10月24日(日)

3回目となる「おでかけ美術館」。今回は橋本市の教育文化会館において、御坊市出身の画家、野田裕示さんの作品を紹介します。

UPDATE:2021.09.17

コミュニケーションの部屋

コミュニケーションの部屋

会期 : 2021年08月15日(日)~2021年10月10日(日)

展覧会や展示室は、美術作品や自分自身との、また見る者同士のコミュニケーションも生み出す場です。私たちはなぜ作品を見るのか、展覧会という場の再考に加え、情報伝達の機能や美術における共同制作といった観点を、多様なジャンルの作品を手がかりに探ります。

UPDATE:2021.07.28

なつやすみの美術館 11 野田裕示「集まる庭」

なつやすみの美術館 11 野田裕示「集まる庭」

会期 : 2021年07月17日(土)~2021年09月26日(日)

11回目となる「なつやすみの美術館」。今回は御坊市出身の画家、野田裕示さんの作品を、野田さんが関係した作家の作品とともに紹介し、現代の美術の展開を野田さんの制作の歩みとともに振り返ります。

UPDATE:2021.07.02

コレクション展2021ー夏

コレクション展2021ー夏

会期 : 2021年07月17日(土)~2021年09月26日(日)

神中糸子や川口軌外、保田龍門ら和歌山ゆかりの芸術家たちの作品にマーク・ロスコら現代の美術を交えて近代以降の美術の流れを紹介。

UPDATE:2021.07.02

もうひとつの世界

もうひとつの世界

会期 : 2021年06月08日(火)~2021年07月18日(日)

美術作品は、いまとは異なる時代、こことは違う場所へとつながる扉を開く鍵です。主に当館が所蔵する多様な作品を通して、いま、こことは違うもうひとつの世界とのつながりをご紹介します。

UPDATE:2021.05.18