トップページ >イベント >「コミュニケーションの部屋」展関連事業 アーティスト・トーク&ワークショップ

「コミュニケーションの部屋」展関連事業 アーティスト・トーク&ワークショップ

コミュニケーションの部屋」展関連事業 アーティスト・トーク & ワークショップ 日程と内容が変更になりました

出品作家の前川紘士さんをお招きして、アーティスト・トークとワークショップを開催します。(1日のみの参加も可能)

主催:NPO法人和歌山芸術文化支援協会
協力:和歌山県立近代美術館
助成:令和3年度和歌山県文化振興事業補助事業


アーティスト・トーク(会場参加は申込不要・オンライン参加は要申込)
前川紘士さんは、障害のある方と協働した創作活動を行ってきました。また大阪市西成区では、人々の居場所・社会的つながりづくりにも、美術作家として関わってこられました。前川さんにこれまでの活動について伺い、コミュニケーションとアートの関係について考える機会とします。
日時:9月18日(土)から10月9日(土)に変更
時間:14:00〜16:00
場所:和歌山県立近代美術館ホールおよびオンライン配信
参加費:無料
定員:50人程度としていましたが、会場では30人程度(当日先着順)に変更し、当日お名前と電話番号のご連絡先をご記入いただきます。
あわせてZoomによるオンライン配信をおこないますので、遠方の方もご参加いただけます。
オンライン参加申込みフォームはこちら受付は当日朝12時までとさせていただきます)


ワークショップ「ものまね関係」(小学生以上対象・要事前申込・先着順)
身体の動きや造形物などを、さまざまに「ものまね」することを通じて、楽しく遊びながら新しいオリジナリティのかたちを考えるワークショップを行います。
日時:9月19日(日)から10月10日(日)に変更
時間:13:00〜15:30
場所:和歌山県立近代美術館ホール
対象:小学生以上一般成人まで
定員:15人程度
参加費:500 円
*NPO法人和歌山芸術文化支援協会のメール(office@wacss.org)か電話(073-454-5858)へ申込んでください。[申込開始:8月10日(火)]*美術館では申込み受付を行いません

*2021年9月20日(月・祝)〜10月10日(日)の期間で予定していた館内でのワークショップの成果展示は、オンラインでの公開となる予定です


講師:前川紘士[まえかわ こうじ]

1980年生まれ。2007年京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。複数の個人的関心に基づく異なるアプローチで、様々な表現や実践、研究を行う。近年の主な活動に、「ユニバーサル・ミュージアムーーさわる! “触” の大博覧会」国立民族学博物館/大阪(2021)、「アーティスト・イン・レジデンス」DRAWinternational/ケリュ、フランス(2021)、「ファンダメンタルズ バザール」日本科学未来館/東京(2021)、「釜ヶ崎の表現と世間をめぐる研究会」NPO 法人こえとことばとこころの部屋(通称:cocoroom)/大阪(2019‒ )など。

 

チラシPDF(日程修正版)ダウンロード(656KB)

ツイートボタン
いいねボタン