これまでの展覧会

瑛九:紙の上の仕事

瑛九:紙の上の仕事

会期 : 2013年06月08日(土)~2013年09月01日(日)

 Q-Ei:Works on Paper  「瑛九:紙の上の仕事」展を開催いたします。 瑛九(えいきゅう/1911−1960)は、本名を杉田秀夫といい、現在の宮崎市に生まれました。10代半ばに上京すると、早くも美術雑誌に批評を発表し始める早…

UPDATE:2013.05.23

コレクション展 2013−夏

コレクション展 2013−夏

会期 : 2013年06月08日(土)~2013年09月01日(日)

和歌山県立近代美術館は1963(昭和38)年に和歌山城の敷地内に開館した和歌山県立美術館を前身として、1970(昭和45)年、県民文化会館内に和歌山県立近代美術館として開館し、そこで23年あまりの活動を続けた後、1994(平成6)年7月に黒…

UPDATE:2013.05.21

日本の絵画の50年

日本の絵画の50年

会期 : 2013年04月20日(土)~2013年06月16日(日)

過去半世紀にわたり、多くの芸術家たちが独自の表現を試み、多様な表現を生み出してきました。絵画においても多様な表現が追求されています。作品はしばしば抽象的であったり、記号性を強調したものであったりしますが、それは絵画の本質は何かを問いつめた結…

UPDATE:2013.04.03

版画・図案・オブジェ

版画・図案・オブジェ

会期 : 2013年03月09日(土)~2013年05月19日(日)

版画の特徴のひとつには複数性があります。この性格によって版画は数多くの挿絵や広告、雑貨などに姿を変えて私たちの身近な生活の中に入り込み、「用の美」として親しめる側面があります。 この展覧会では、いわゆる版画家たちの蔵書票や千代紙、ポスターなどをはじめ、「用の美」の追求者である工芸家による版画や、版画家・工芸家による版を用いた創作的な図案、また多彩なアーティストが携わった挿画本やブック・オブジェを展示し、その魅力をご紹介します。

UPDATE:2012.11.22

人間と自然の美術

会期 : 2012年04月14日(土)~2012年06月03日(日)

Human/ Nature: Four Perspectives from Modern to Contemporary 「人間と自然」をテーマにした展覧会を開催いたします。 人間と自然との関係は、地域によって違いがあり、時代によっても変化…

UPDATE:2012.08.30

コレクション展 2013−春

コレクション展 2013−春

会期 : 2013年03月09日(土)~2013年05月19日(日)

和歌山県立近代美術館は1963(昭和38)年に和歌山城の敷地内に開館した和歌山県立美術館を前身として、1970年(昭和45)年、県民文化会館内に開館し、そこで23年あまりの活動を続けた後、1994(平成6)年7月に黒川紀章の設計による現在の…

UPDATE:2012.06.23

謄写版の冒険 卓上印刷器からはじまったアート

謄写版の冒険 卓上印刷器からはじまったアート

会期 : 2013年02月09日(土)~2013年03月24日(日)

手軽な印刷術を芸術の域にまで高めた昭和の謄写版画家、清水武次郎、若山八十氏たち。資料を含む約250点により、知られざるアートの冒険を紹介します。

UPDATE:2012.06.23

コレクション展 2012/13-冬

コレクション展 2012/13-冬

会期 : 2012年12月04日(火)~2013年02月24日(日)

和歌山県立近代美術館は1963(昭和38)年に和歌山城の敷地内に開館した和歌山県立美術館を前身として、1970年(昭和45)年、県民文化会館内に開館し、そこで23年あまりの活動を続けた後、1994(平成6)年7月に黒川紀章の設計による現在の…

UPDATE:2012.06.23

没後70年 建畠大夢

没後70年 建畠大夢

会期 : 2012年12月04日(火)~2013年02月24日(日)

本年没後70年を迎えた建畠大夢(たてはた・たいむ/1880-1942)は、和歌山県有田郡城山村(現在の有田川町)に生まれました。京都市立美術工芸学校から東京美術学校彫刻選科に進みますが、美校在学中の1908(明治41)年に開かれた第2回文展…

UPDATE:2012.06.23

コレクション展 2012−秋

コレクション展 2012−秋

会期 : 2012年09月11日(火)~2012年11月25日(日)

「二人の時をめぐって」と題して、今年生誕120年を迎える和歌山生まれの作家、田中恭吉(たなか・きょうきち 1892-1915)と川口軌外(かわぐち・きがい 1892-1966)が生きた時代の作品を中心にご紹介します。あわせて二人が生きた時代以降の作品を「私たちの時へ」のコーナーで展示します。  出品作品はおよそ100点の予定です。

UPDATE:2012.06.23